ロールモデルはえふしんさんだ。 が 違うところは?

 

ロールモデルはえふしんさん

Web業界*1で誰を参考にすべきか・・・と考えた場合、やっぱりえふしんさんかな。と思う。

 

 

考えや価値観が、かなり近いかな。と思って。

 

興味の対象が近い。

 

f-shin.net

 

 

告白になってしまうかもしれないが、僕自身は、技術そのものの良し悪しにあまり興味はない。

 

むしろ本質的な生産性が高いことを重視する。言語仕様が少々イカれてても、トータルのメリットが優れていれば後は、致命的にコストがかからないか?であったり、採用に不利ではないか?なども含めて市場の評価に委ねるタイプだ。

 

 

私も、技術=手段については、あまりこだわりはない。

あんなこといいな、できたらいいながかなえられれば、具体的な手段は何でもよい。コスパが良ければ。

 

僕が興味があるのは、今ある技術の中で、飲食店の情報をどれだけ集められるかにチャレンジするアプリを作ることであったり、この技術を運用していく場合に、何年後までやっていけるのか?その場合にはどのように新しい技術に変化していけば、メンバーは問題なくついてきてくれるか?などを考えることが好きだ。

 

技術=手段をどう生かせるか?でも、ちょっと違う!

 

どうやれば、収益化できるか?

私の場合だと、こうなる

 

僕が興味があるのは、今取れる手段の中で、いかに少ない労力でコンバージョンを増やすか、ペイするかであったり、この手順で進めていった場合、ビジネスモデルとして成り立つか?ということを考えることが好きだ。

 

より現金だ。よりお金にフォーカスしている。同じエンジニアリングの分野でも、経営工学なんていう、特定の人工物というよりは、コスパを追及するような分野だからかもしれない。*2

 

マストドンより、マストだった件の解決

えふしんさんはマストドンを押しているようだ。たしかに、「何かに化けるかもしれない種」と考えるとそうかも。

 

なお、その前にマストだった(と、私は考える)職場での課題の解決がある。*3

 

あっ。でもマストドンインスタンスを立ち上げることは有益かも。

ゲームのギルドメンバーを招くとかという意味で。

 

 

*1:Web使って何かする業界 とする と定義する

*2:もっと言えば、高校生時代に自然科学というよりは社会科学分野に興味が強かった。ITが社会に多大な影響を与えると思っていた

*3:技術的には、ありきたりの手段の組み合わせ。ただし事業構造上得られる利益の期待値が大きい