二兎追うもの その2、技術に関して

前回のあらすじ

 

一労働者として、ビジネスを重視するか、要素技術を重視するか・・・という話でしたが、どちらも追うという事を書きましたが。

 

 

rojiuratech.hateblo.jp

 

ビジネスというより、ビジネス動かすためにどんな行動をするか?

という話に終始してしまいました。

 

何をしたいかはわかるが、適したな方法がすぐわからない

ここ最近(2016年夏)の職場環境で抱えている問題がこれ。

だから前回、下記のようなことを書きました。

手札(できること)を増やす

同時に、この場で使う、使わない手札を決める

 

 

 とれる手段を増やし、その場で使う手段を見極める力が欲しい。

この部分が、この投稿での技術になります。

 

今の職場環境では、そこまで手が回らないので職場外にて

現在職場では、Webエンジニアは私一人しかおらず、この手の手段の相談がしにくい状態です。

 

が、ない袖は振れないので職場外にて、依頼はされていないがいずれ必要になるだろう系統のものに取り組む。と。

 

 

制約が少ない中でやったことは楽しい

納期とか予算の制約が少ない中で、あくせくせずのびのびとやった研究が後々に大きな発見につながった。みたいな話は学生時代読んだ本(書籍名失念)にもありましたが・・・。

 

実際、制約が少ない中であれこれ模索しながら何かを作成するのは楽しいです。