(追記あり) 時事ネタ 参院選で思い出した 山田太郎と三橋貴明 (どちらも経営コンサルタントだったりする)

ブログテーマに合致しない、政治的な内容だけど。

 

20時までが締め切りなので書きなぐり。

敬称略

 

b.hatena.ne.jp

 

このあたりを読んで思ったのが

 

  • kz78 山田太郎さんは応援したい」「山田太郎さんを持ち上げて騒いでる奴らがうぜえ」が今んとこ拮抗してる
  • mahalmahal この人6年前の比例で30000そこらしか個人票を取れてないのよ。つまり、原点がメチャ低い。余裕で落選でも6桁行けば3倍。そういうインパクト残せそうって意味では、この人の票を伸ばすのは面白い実験ではあるかも。
  • sekiryosekiryo でも俺達が結集すれば当選させられる!と仲間内だけでワイワイやってるうちに世間的にも大多数だと思い込んで極端な行動で関係無い人の顰蹙を買ったり落選でまさか落ちるとはとヤケになりそうな気配も漂ってきたな。

 

2010年の三橋貴明でも似たような

「周りが変に盛り上がって(ネット上で)顰蹙を買った」とかの現象もあるかもしれない。

 

まあ、個人的には山田太郎の主張

著作権違反の親告罪や過剰な表現規制への反対姿勢

 (クリエイターが萎縮することは、国家レベルで考えても大いに不利益)

だけでなく

・諸産業の生産性向上

 (それも、個々の製品というよりはシステムとして)

・食で安全保障

 (攻めの農業とかいうけど、農協含めそのくらいの気概がほしい)

障がい者雇用

 (高齢者や障がい者を社会のお荷物とみる風潮はどうか?)

 

などにも同意。

 

余談だが、

表現規制障がい者雇用に関しては三橋もほぼ同じスタンス。

生産性向上などは、若干ベクトルが違うけど大筋は似ているような。

 

以上

 

追記 7/12

 

得票数にびっくり

 

山田太郎は落選したが、30万票近い得票を得たのにはびっくり

 

www3.nhk.or.jp

 

上記リンク先を見ると、新党改革の得票の50%程度。全ての有効票の0.5%程度を得たことになります。

 

限られた時間と情報を使い下した、私としての評価は80/100点 で 投票した。

個人的な評価としては、一見ありがちな平凡(といっても能力自体は高い)泡沫候補って感じに見えますが・・・。

 

土曜日に書きなぐった、個人的には山田太郎の主張~ のくだりの部分

プラス、自分の主張が全部通らないまでも部分的に通そうとする駆け引きのうまさ。

サイトに掲載されていた動画の中で、高齢化社会と年金のところで減点。

 

減点理由: 

今の高齢者が平均的には多くの資産をもっているが、これが相続などによってほかの世代に割り振られたりする。年金として高齢者されたものが消費に使用されることを考慮していないなどの、エコシステム全体への理解不足。

 

 

とはいえ、即刻「だからダメ!」ってほどでもない。 80点。合格!

*1

 

追記 7/12 ここまで

 

*1:80点出せる候補なら十分だよ