面白い職歴を持つ俺が、受託系→内製系Webエンジニアに転職したときに考えたこと

 

今の会社に転職して1年くらい立ちました。

先日の勉強会で転職に関する話題があったので便乗します。

 

norizabuton.hateblo.jp

 

当時、転職にいたった動機

二次受け、三次受けといったSIピラミッドの下の方ででもくもくと働いていました。

ちっともレベル上がらない状況を解決することが困難だったため(あるある)

しかし、致命的な問題点が・・・。

 

面白い職歴を持っていた

転職回数が多く、1社あたりの在籍期間も短い。でもって業界もバラバラ・・・。

職種軸としてはSEなんだけど、Web制作だったり社内SEだったりSIer(実質人材派遣)だったりと種類としてはまちまちで面白い(笑)

 

www.ikedahayato.com

 

確かに面白い人だとはよくいわれます。根底にこんな価値観があったからね。

 

その価値観って?

(表テーマ):「俺たちのOO」と胸を張れる仕事をしたい。

(裏テーマ):波に乗る安定志向。会社に依存するのは危険。

 

表テーマはSI系から自分の会社のサービスに携わる系への内製系ITエンジニアあるある。あえて付け加えるのなら、事業>技術の順だった。

 

これ、どんなに優れた技術で良いものを作っても、ビジネスとして成功しなければ失敗である。という考え。

 

裏テーマのほうは、心の奥底にあった。

どんな環境の変化があっても柔軟に対応すること、もっと言うなら時代の波を作り出す側に回るくらいになれ。という考え。

 

その価値観はどんな環境で実現できそうか?

実際には、心の奥底に眠っていたものが、転職エージェントの意見で掘り起こされたんだけど。

 

Web系のサービスなどを手がける会社(職場)に収束する。

加えて、倫理面を軽視していないとか、事業が陳腐(オワコン)化しにくいとか条件を付け加えると、「堅実なベンチャー気質の企業でWebエンジニア」がベスト・・・という結論に至る。

 

最初は社内SEを中心に考えていたが、裏テーマのほうが達成できなくなる危険が高いことに気づき、最終的にははずしました。